トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 寒蝉と秋扇 | トップページ | 赤まんまと案山子 »

二百十日

2018年9月2日
二百十日
大津留公彦

昨日は二匹今朝は沢山の蜻蛉たち池の木陰の上を遊べり

金曜の夜となるのが待ち遠しい こんな普通の事を喜ぶ

働きて土日が休みとなることが皆の普通とならぬものかな

林檎食う雨の上がりし月夜から金曜の夜更けて行くなり

つまらないことでも何かを書く中で人生見えることもあるべし

二百十日家系図脇に用意して 君の来る刻待ちているなり

厄日という雨の日電車に揺られては いつものように降りて行くなり

二百十日八尾の舞はしなやかに 舞われているか いつの日か見ん

一首選んで頂けると有り難いです。

---
http://p.booklog.jp/books?sc=&w=ootsuru
http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 寒蝉と秋扇 | トップページ | 赤まんまと案山子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百十日:

« 寒蝉と秋扇 | トップページ | 赤まんまと案山子 »