トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 青春の歌14(市原1) | トップページ | 青春の歌15(市原2) »

桐一葉と花野

2018年9月7日
桐一葉と花野
大津留公彦

桐一葉子規の骨身に響くなり二十八歳の夏痩せの頃

一葉落つ廃屋となりし陸奥に桐の木大きく育ちて居りし

桐一葉子規の俳句を語らんと調べる窓に落ちて行くなり

桐一葉朝日を浴びて落ちるなり犬と我とを結ぶリードに

花野には擬装兵でなく子どもらを山頭火吟じし如くならずに

赤々と朝陽の照らす花野道 風に揺られる小さきものたち

行き過ぎし人振り返る花野なり 過ぎ行き少し間を置いてから

待たるるは花野にあらず我が家なり何を何するわけではなけれど

一首選んで頂けると有り難いです。


http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 青春の歌14(市原1) | トップページ | 青春の歌15(市原2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐一葉と花野:

« 青春の歌14(市原1) | トップページ | 青春の歌15(市原2) »