無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 金木犀と夜長 | トップページ | 辻井喬さんの「茜色の空」(鉄人政治家・大平正芳の生涯)を読んだ。 »

青春の歌30(夜の早まる)

2018年10月13日
青春の歌30(夜の早まる)

酒飲みてトマトジュースに向かわせる今日戻る船はまた明日出る

管理技術・プログラミングと講義する君も我らも皆別の裡

新しき学問なりと説く君はコンピューターに食われて死ぬかも

10・21へ!危機感に満ちアジる娘よ人に聞かせる為にはあらず

着実に未来を築く人の群れ風邪人混じる寒き秋の日

組合の民主化に向け呼吸する我等が息の今同じ色

人生を今振り返ることはせず任務の前に立ち向かうのみ

別れ来て詠うこと無きビルの街季節は移り夜の早まる

一首選んで頂けると有り難いです。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。