最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 「司馬遼太郎対話選集7 人間について」を読んだ | トップページ | 重陽の彼岸花 »

2018年10月19日 (金)

瓢の実

2018年10月19日
瓢の実
大津留公彦

茸狩を待つしめりある母の山今はどこかも分からぬ野津原

宗麟の五人の家臣の一人とは母に聞きたるいにしえ話

花水木実もなる頃に赤らめり恥じらうようにも誇れるようにも

瓢(ひょん)の実を吹いて歩むや山頭火由布の谷間の細き道の辺

瓢(ひょん)の実の急に鳴りたる夕間暮れ留守居の我を励ますごとく

若夫婦稲刈りの音さくさくと並びて立てり汗拭いつつ

稲刈りて爽やかな風広く吹く記憶は彼方に消え入りしまま

敗荷(やれはす)に夕陽が乗って動かない不忍池真っ赤に染めて

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。