トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 青春の歌36(労演多摩合宿) | トップページ | 青春の歌37(浜離宮にて) »

おは!Twitter俳句(秋草)とマルクス生誕200周年

昨日の記事で詳しく書きましたがマルクス生誕200周年の集会に参加しました。
マルクスーウイリアム・モリスー宮澤賢治という思いもかけぬ繋がりを知りました。
啄木が間接的にウイリアム・モリスの影響を受けている事も知りました。
自分が関心を持っている事がこうして繋がるというのは不思議な事ですが結局は世の中を良くしようという大きな流れの中なのだと思いました。

さあ新しい週の始まりです。
ーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2018年10月22日(月)

@twryossy 秋草を食べ残し行く掟かな 公彦
2010年10月22日(金)
秋草に猫帰り来る朝曇り

【今日の季語3220<298】秋草(あきくさ):三秋の植物季語で「八千草(やちぐさ)」「野の草」「色草」などとも。特定の草ではなく、秋の野山に彩りを添える花や実を付ける草を主眼としてこう呼ぶ。◆風渡るとき秋草の華やげる(高木晴子)

2018年10月21日(日)

@twryossy 十三夜雲の晴れ間に出でよかし 公彦
妹が日本舞踊を習っていた。
毎週踊りの先生が自宅に来て終わるとお菓子タイムになるのが楽しみだった。
いくつかの踊りの歌を覚えている
その中の一つが「十三夜」だった。
https://m.youtube.com/watch?v=NlfjT8UF_K4…

【今日の季語3219<296】後の月(のちのつき):晩秋の天文季語。陰暦九月十三日の月にあたるところから「十三夜」、供え物にちなむ「豆名月」「栗名月」のほか、当年最後の名月の意に用いる「名残の月」などの傍題も。◆へだたりし人も訪ひけり後の月(白雄)

2018年10月20日(土)

@twryossy ああいえばこういう君よそぞろ寒  公彦
この句が下敷です。
ああいへばかかういう兜太そぞろ寒 鷹羽狩行
2010年10月21日(木)
そぞろ寒バソコンスリープさせましょう 公彦

【今日の季語3218<297】そぞろ寒(さむ):仲秋から晩秋にわたる時候季語で「すずろ寒」「そぞろに寒し」なとども。うっすらとした秋の寒さばかりでなく、不安げな心の状態をいうのに用いることも。◆そぞろ寒読めぬカルテを覗き見る(三枝邦光)
 
2018年10月19日(金)

@twryossy 蒼い空青い蜜柑に包まれり 公彦
青蜜柑段々畑に続く空 公彦
2010年10月19日(火)
甘酸っぱい運動会の青みかん 公彦

【今日の季語3216:別記②】ドングリの語源については、子どもがこの実を独楽(こま)にして遊んだところから出た、捻(ひね)り独楽の古称ツムグリから転じたヅングリに求める柳田国男の説があり、説得力に富
【今日の季語3217<295】青蜜柑(あおみかん):三秋の植物季語。青々とした色を見せて枝に生っている未熟の蜜柑。また青いまま店頭に出る香り高いものについてもいう。単に「蜜柑」と言えば三冬の季語。◆湯の街の朝市に買ふ青蜜柑(滝田英子)

2018年10月18日(木)

@twryossy 団栗に打たれる猫の眠りかな 公彦
子規25歳のこの句が下敷です。
團栗にうたれて牛の眠り哉
2010年10月18日(月)
団栗はそこにもここにもころがれり 公彦

【今日の季語3216<294】団栗(どんぐり):晩秋の植物季語。ブナ科のクヌギやナラなどの実の総称。生活傍題に「団栗餅」があり、古代には保存の利く大事な食料とされたが、渋抜きをしないと食用にならない。◆どんぐりと子が落ちてくる滑り台(山田六甲)

【今日の季語3216:別記①】ドングリの呼び名は、南北朝期の成立とされる薬種辞書『康頼本草』の「橡実」の項に「止ン久利(とんくり)」とあるのがもっとも古い。これに「団栗」の漢字を用いるようになるのは江戸期以降のことで、近似音に基づく宛字と見られる。
 
2018年10月17日(水)

@twryossy 重陽のヘアピンカーブ三郷帰路 公彦
2010年10月16日(土)
重陽や季題とともに明けにけり 公彦

【今日の季語3215<292】重陽(ちょうよう):晩秋の生活季語。陰暦九月九日は「陽数」の九が重なるところからこの名が出た。日本ではこの時節が菊の盛りにあたるところから「菊の日」「菊の節句」などと呼ばれる。◆重陽や花麩豊かにすまし汁(有馬朗人)

2018年10月16日(火)

@twryossy 茸狩や武士の娘でござるかな 公彦
2010年10月17日(日)
茸狩を待つしめりかなははの山 公彦

【今日の季語3214<293】茸狩(たけがり):晩秋の生活季語で「茸取(きのことり)」「茸山(たけやま)」などの傍題も。自然の恵みを自ら手にする喜びと、さらにそれを調理して味わう楽しみが重なる。◆茸狩や見付けぬさきのおもしろさ(素堂)

【今日の季語3214:別記】現代ではこの表記に「きのこがり」の読みを与えることもあるが、これは本来キノコ一般についていう「菌狩」にあたるもので、「茸狩」はマツタケについて用いる表記と呼称であった。
ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。

  • 杉谷雅博: シネマ私の旅
  • 森 健: グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

    森 健: グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

  • 小池 晋一: ウェブ新時代の「口コミ」戦略  ナンバー1になるためのビジネススタイル (PHP新書)

    小池 晋一: ウェブ新時代の「口コミ」戦略 ナンバー1になるためのビジネススタイル (PHP新書)

  • CSS Nite: 変革期のウェブ ~5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから~ (マイコミ新書)

    CSS Nite: 変革期のウェブ ~5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから~ (マイコミ新書)

  • 小田 光康: パブリック・ジャーナリスト宣言。 (朝日新書 82) (朝日新書 82)

    小田 光康: パブリック・ジャーナリスト宣言。 (朝日新書 82) (朝日新書 82)

  • 藤田 和恵: 公共サービスが崩れてゆく―民営化の果てに (かもがわブックレット 168)

    藤田 和恵: 公共サービスが崩れてゆく―民営化の果てに (かもがわブックレット 168)

  • チーム「ようつべ」: YouTube完全活用本 (ワニ文庫―Best Business)

    チーム「ようつべ」: YouTube完全活用本 (ワニ文庫―Best Business)

  • 創藝舎: グーグル完全活用本 (知的生きかた文庫)

    創藝舎: グーグル完全活用本 (知的生きかた文庫)

  • 二村 高史: グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」 (知的生きかた文庫)

    二村 高史: グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」 (知的生きかた文庫)

  • : 雨宮処凛の「オールニートニッポン」 (祥伝社新書 86)

    雨宮処凛の「オールニートニッポン」 (祥伝社新書 86)

  • 太田 光: 爆笑問題 太田光自伝 (小学館文庫)

    太田 光: 爆笑問題 太田光自伝 (小学館文庫)

  • : 証言 第22集(2008)―ヒロシマ・ナガサキの声 (22)

    証言 第22集(2008)―ヒロシマ・ナガサキの声 (22)

  • 沢田 五郎: 夜のほととぎす―沢田五郎歌集 (新日本歌人叢書 (569篇))
  • 碓田 のぼる: 友ら、いちずに―碓田のぼる序跋集
  • 佐々木 俊尚: ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

    佐々木 俊尚: ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

  • 辰巳 芳子: 毛づくろいする鳥たちのように

    辰巳 芳子: 毛づくろいする鳥たちのように

  • ローザ・ルクセンブルク: 獄中からの手紙 (岩波文庫)
    (★★★★)
  • 宮本 百合子: 宮本百合子全集 (補遺)
    (★★★★)
  • 小林多喜二: 新装版 小林多喜二全集 全7巻
    (★★★★)
  • 石川 啄木: 石川啄木全集 (第5巻)
    (★★★★)
  • 渡辺 順三: 渡辺順三全歌集
    (★★★★)
  • 司馬 遼太郎: 対訳 21世紀に生きる君たちへ

    司馬 遼太郎: 対訳 21世紀に生きる君たちへ
    (★★★★)

  • 赤木 かん子: YA(ヤングアダルト)読書案内
    (★★★★)
  • 鳥海 昭子: ラジオ深夜便誕生日の花と短歌365日 (ステラMOOK)

    鳥海 昭子: ラジオ深夜便誕生日の花と短歌365日 (ステラMOOK)
    (★★★★)

  • 白洲 次郎: プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

    白洲 次郎: プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
    (★★★★)

  • 小林 多喜二: 蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

    小林 多喜二: 蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
    (★★★★)

  • 福田 一郎: ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE 202)

    福田 一郎: ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE 202)
    (★★★★)

  • 江木 園貴: 人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド (祥伝社新書 105) (祥伝社新書 105)

    江木 園貴: 人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド (祥伝社新書 105) (祥伝社新書 105)
    (★★★★)

  • 山崎 秀夫: Google vs セカンドライフ―3Dウェブ仮想社会の覇権争い (アスキー新書 033)

    山崎 秀夫: Google vs セカンドライフ―3Dウェブ仮想社会の覇権争い (アスキー新書 033)
    (★★★★)

  • 河内 孝: YouTube民主主義 ~メディア革命が変えるアメリカの近未来~ [マイコミ新書] (マイコミ新書)

    河内 孝: YouTube民主主義 ~メディア革命が変えるアメリカの近未来~ [マイコミ新書] (マイコミ新書)
    (★★★★)

  • 神田 敏晶: YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]

    神田 敏晶: YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]
    (★★★★)

  • ライフ・エキスパート: Google活用最強の裏ワザ・隠しワザ―こんな頭のいい使い方があったのか! (KAWADE夢文庫 755)
    (★★★★)
  • 紀田 順一郎: インターネット書斎術 (ちくま新書)

    紀田 順一郎: インターネット書斎術 (ちくま新書)
    (★★★★)

  • 西垣 通: ウェブ社会をどう生きるか (岩波新書 新赤版 1074)

    西垣 通: ウェブ社会をどう生きるか (岩波新書 新赤版 1074)
    (★★★★)

  • 神田 敏晶: Web2.0でビジネスが変わる [ソフトバンク新書]

    神田 敏晶: Web2.0でビジネスが変わる [ソフトバンク新書]
    (★★★★)

  • 小池 晋一: ウェブ新時代の「口コミ」戦略  ナンバー1になるためのビジネススタイル (PHP新書)

    小池 晋一: ウェブ新時代の「口コミ」戦略 ナンバー1になるためのビジネススタイル (PHP新書)
    (★★★★)

  • CSS Nite: 変革期のウェブ ~5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから~ (マイコミ新書)

    CSS Nite: 変革期のウェブ ~5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから~ (マイコミ新書)
    (★★★★)

  • 梅田 望夫・茂木健一郎: フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)

    梅田 望夫・茂木健一郎: フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
    (★★★★)

  • 森 健: グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

    森 健: グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)
    (★★★★)

  • 佐々木 俊尚: ウェブ2.0は夢か現実か?―テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力 (宝島社新書)

    佐々木 俊尚: ウェブ2.0は夢か現実か?―テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力 (宝島社新書)
    (★★★★)

  • 佐々木 俊尚: ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)

    佐々木 俊尚: ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)
    (★★★★)

  • 竹内 一正: グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518)

    竹内 一正: グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518)
    (★★★★★)

  • デビッド ヴァイス: Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター

    デビッド ヴァイス: Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター
    (★★★★)

  • 佐々木俊尚: ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)

    佐々木俊尚: ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)
    (★★★★)

  • 山本司: 初評伝・坪野哲久―人間性と美の探究者
    (★★★★)
  • 伊藤 真: 憲法の力 (集英社新書 399A)

    伊藤 真: 憲法の力 (集英社新書 399A)
    (★★★★)

  • 首藤和弘: 風のプラズマ
    (★★★★)
  • 鶴野 充茂: SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!

    鶴野 充茂: SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!
    (★★★★)

  • 梅田 望夫: ウェブ人間論

    梅田 望夫: ウェブ人間論
    (★★★★)

  • アクセスランキング

    • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

    ブログのお値段

    ハイクブログ

    • ハイクブログ