最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 青春の歌42(曾祖母を見舞いて) | トップページ | 青春の歌44(宣久さん・孝子さんの結婚を祝して) »

2018年10月31日 (水)

青春の歌43(曾祖母を見舞いて2)

2018年10月31日
青春の歌43(曾祖母を見舞いて2)
大津留公彦

九十を目前にする曽祖母よようやく曾孫が娶るというに

我妻となる君しばらく見つめては曾祖母瞳を曇らせて居る

君の名を言えば動けぬ曾祖母は頷く如く目を細め行く

石焼の歌うような売り声は消え行くように語尾下げてゆく

焼き芋の匂いはしない売り声は過ぎ去りて行く 寒に入る夜

見舞い疲れの母よ軽率に死を語るな 我より一つ近き命を

命薄い手を握れば曾祖母静かなり蒲団の中に折りたたみ置く

なみだなみだ 我は涙の容器なり死に行く君の教えた一つ

一首選んで頂けるとありがたいです。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。