最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 青春の歌31(五島) | トップページ | おは!Twitter俳句(瓢(ひょん)の実)と歌句作り »

2018年10月15日 (月)

青春の歌32(京都旅行)(南禅寺・銀閣寺・安楽寺)

2018年10月15日
青春の歌32(京都旅行)(南禅寺・銀閣寺・安楽寺)
大津留公彦

何故や松皆東へ傾けり夕陽に染まる南禅の寺

山門の中なる夕陽が色更に深ませて行く紅葉の寺

南禅へ我ら運びし小春日よ山門の下うずくまる如(南禅寺)

銀閣の砂に照りたる陽光の今山門の下長く延ぶ(銀閣寺)

安楽寺香りの中にて時忘れ老婆の話胸通うなり

振り返る心謙虚に説く人なり寺と命を守り来し母

庭師には一指もさせぬ寺と聞く住職の熱簡素に極まる

日頃ならば意に介するもなからんを静かに過ぐる寺にしぞ思う(安楽寺)

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。