無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 辻井喬さんの「茜色の空」(鉄人政治家・大平正芳の生涯)を読んだ。 | トップページ | 青春の歌32(京都旅行)(南禅寺・銀閣寺・安楽寺) »

青春の歌31(五島)

2018年10月14日
青春の歌31(五島)
大津留公彦

するめの香ぷんぷんとさせ離れ行く君の故郷 二人見守る

緑なり海又然り山然り素晴らしき島素晴らしき人

遣唐使船を寄せたる土地と聞く岬に立ちて結婚を思いぬ

波高く気高くもあれ君が母と君育みし東シナ海

故郷を穢す者には立ち向かえ我ともにあり気高き海よ

色のなき風吹き抜ける丸の内週の半ばの疲れを運ぶ

人去るは世の常にして人来るは世の常ならず人の世の常

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。