無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年の俳句集「白木槿」をまとめました | トップページ | 夏から秋へ »

夏の記憶

2018年10月5日
夏の記憶
大津留公彦

炎天の日比谷公園朝横切りぬ南東から入り北西に出る

炎天に芭蕉史跡を巡りたり新大橋のふもとの辺りを

朝顔の咲いて萎んで晴れ上がる深呼吸一つゆっくりとする

中止となる朝顔市もありたりし東日本大震災の年

朝顔の成長日記に記憶あり古きあえかなそれであれども

芋も食い枝豆も食らう丈夫なり親に感謝し妻に感謝す

今朝一つ熟字習いぬ仏掌薯(つくねいも)
畑段々畑の上なる記憶

芋の葉の露真っ二つに割れたれどいつか一つにまた合体す

一首選んで頂けるとありがたいです。

ご参考
亀山統一氏三郷講演
沖縄から見える日本のすがた
ーー

ーー
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。