最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« マルクス生誕二百年 | トップページ | 青春の歌38(昼休みの女性たちの会話に) »

2018年10月25日 (木)

霜降

2018年10月25日
霜降
大津留公彦

霜降の朝の団地群 自転車に一周したり反時計回りに

霜降や悔しさ二つ噛みしめて掲示板には余白はあらず

霜降の中禅寺湖畔の錦絵に安らぎのあれ紅葉の君よ

霜降に家族旅行の始まりぬ電車で来る孫ら車で来る子ら

霜降に藤原効果語られてペアの熱帯高気圧予測不能か

霜降の軽い布団の頼りなし顎まで引いて足は納めて

霜降に逝きたる人とお湯割を呑んで昔を聞きたいけれど

霜降に書きたき読みたきこと多しあり余る生と言いたいけれど

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
http://p.booklog.jp/book/124052
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。