最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 新日本歌人2018年11月号10首選 | トップページ | 仏の顔はもう見られない »

2018年11月 2日 (金)

渡り鳥

2018年11月2日
渡り鳥
大津留公彦

子規の倍啄木の倍半生きて来て残したものや今何かある

‪アベ政権への別れのワルツ流れたり青山にある公園のステージ ‬

‪この夏に買った白ブレザーがお気に入り日比谷公園通り抜け行く‬

‪毎朝の日比谷の杜の散歩人多少の雨は意に介せずに‬

落花生福田穂の名論じ合う ふくだ・ほなるか福田みのるなるか

お土産の落花生 ゆかし千葉工場 外国人に喜ばれたり

一生を貴方と過ごす渡り鳥 親は終いて子は離れ行く

渡り鳥故郷はどこか親あるかあるなら何より大切にせよ

一首選んで頂けると嬉しいです。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。