最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 2018年生きる権利と文化のつどい 戦争をする国は絶対許さない | トップページ | 砂漠の冬日と立冬 »

2018年11月16日 (金)

十一月の想い

2018年11月16日
十一月の想い
大津留公彦

菊の花雨に打たれてたじろがず教室にあり 父に持たされ

残菊に父の思い出彷彿と 謡いと釣りと盆栽と石

残菊と真っ直ぐ繋がる父の顔 我の享けたるものあるや何

松本楼と鶴の噴水薄紅葉日比谷の杜は薄曇りなり

七五三法華経寺の息子なり 靴古きまま写真に残る

紅葉葉をかさこそ踏みて陽の温し日比谷公園今朝も横切る

一年間八首投稿続きたり霜月の中日暖かき日に

明日からも八首投稿続けよう外の世界と中の世界を

一首選んで頂けると有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。