無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 仏の顔はもう見られない | トップページ | 青春の歌45(南への新幹線は既に消え) »

「論理国語」と「文学国語」

2018年11月4日
「論理国語」と「文学国語」
大津留公彦

消費税企業減税の原資なり どんなにどんなに言い逃れても

レジ前で貧乏人を宣言しプレミアム商品券を使う人 だれ

医大入試で女子受験者差別を是認する 柴山文科相継続は無理

「論理国語」と「文学国語」に分けるという 忖度教育に面従腹背か

国語αを説明文や古文にしてβが物語と漢字とか あり得ぬ

「個人としての請求権まで放棄してない」 政府の説明流さぬマスコミ

大山崎町長は共産党推薦で議長は共産党員 すごい時代だ

一首選んで頂けると有難いです。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。