最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 立冬 | トップページ | おは!twitter俳句(神の留守)と政治詠 »

2018年11月12日 (月)

青春の歌50(新婚旅行・渋民にて)(改)

2018年11月12日
青春の歌50(新婚旅行・渋民にて)
大津留公彦

改札もなき渋民の駅降りる大き荷物の我らと村人

宝徳寺訪ねる人無き冬の朝 大き檜葉の木鳥も来ぬ頃

閑古鳥来て啼きしという檜葉の木は明治の少年にあまりに高し

幼年の書斎に座り何となく気の静まりて宝徳寺出る

啄木の命の森と呼びし社 凍てつきなびく人寄せ付けず

ストライキ起こせし野原に啄木はかく性急に喋り動くや

北上にかかる橋越え一筋の真すぐの道に雪は積もらず

つり橋を渡る我が身にかがむ如やめよと叫ぶ妻の出来たり

分かる歌と分からない歌を指摘して頂けると有難いです。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。