無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中野菊夫著「私の短歌作法」から1 | トップページ | メディアに操作される憲法改正国民投票 »

海鼠

2018年11月13日(火)
海鼠
大津留公彦

味噌仕込み大豆を搗きて十ヶ月時なる味付け加わる如く

冬の浜濱の畔の坂の下 妻の故郷遠くなりたり

狸来るな葡萄畑を荒らしには福山の人のたつきのあるぞ

啄木祉訪ねて冬日落ちにけり鳩山会館の上のあたりに

掻巻(かいまき)というねんねこ半天温し日々 思えば母の顔と繋がる

草と花映りて影絵の朽葉あり鮮やかな色内に留めて

初五文字座りの悪く子規梃子摺る海鼠の句なり我も手こずる

海呑みて恐縮したる海鼠殿身をちじませて首を垂れる

一首選んで頂けると参考になります。


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。