最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« アベロ | トップページ | アベロ3 »

2018年12月20日 (木)

アベロ2

2018年12月20日
アベロ2
大津留公彦

肝臓の機能は無惨に失われ
アベロは何にも食えなくなりぬ

帰ればまずアベロの迎え
今もなお走って行こうと
しているらしき

アベロアベロ
あなたは私たちの支えであった
有難う有難う
君と寝転ぶ

アベロ挟み川の字になり寝る夜なり
妻はベッドに
我は板間に

二拍子の
アベロの息の高き夜
他に音するものは無かりき

妻眠れず
自分も死ぬかもと言い放つ
昨夜から我も板間に眠る

それでもまだ
トイレに行くはアベロなり
足は上がらず縺れてもなお

やつれ果て
足支えられず水飲めず
手を湿らせて抱きて舐めさす

一首選んで頂けると有り難いです。

残念ながらアベロは12月19日に力尽きました。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。