最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 青春の歌57(新婚旅行を終えて) | トップページ | 青春の歌58(虫たちのウイークエンド) »

2018年12月 5日 (水)

花八手

2018年12月5日
花八手
大津留公彦

花八手事務所の裏の暗がりに七裂したり一裂足らず

花八手ウオーキングの路地をそこのみは明るく照らす暗さの中に

蟷螂の枯れてもおどろおどろしく食べられるかと恐れ慄く

交尾後に雄を餌食に枯れたるか蟷螂の雌草色となる

冬鴎船の後尾を離れざり長崎港を出でし時より

都鳥言問橋にいにしえもわが思う人はありやなしやと

南天の赤き実を取る親雀 教えるように子雀を見る

南天の実の赤味まだ五分五厘雀は赤きにひたすら向かう

一首選んで頂けると有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。