最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« MERRY CHRISTMAS TO YOU ALL | トップページ | 年用意 »

2018年12月27日 (木)

しりとり短歌投稿歌1

2018年12月27日(木)
しりとり短歌投稿歌1
大津留公彦

素晴らしき俳句を残し金子兜太
あの世に行きても怒っているか

「つまらん!」と
金子兜太の言う歌は
上手く出来たるありきたりの歌

もう一度あの日に寄らしめ
久住山のESSの合宿の春に

いつまでも生きて欲しいと
思いしが人の生命に限りのあるかな

須らく感動忘れること勿れ
森羅万象感動宿る

多喜二忌に
順三・妙二忌過ぎ去りて
明るい弥生の空の近づく

麗しき猫ではありし
産みし子は取り上げられて
淋しく逝きぬ

類縁を残すかタビサに
酷似する猫は近所に
生き暮らし行く(タビサは愛猫の名)

一首選んで頂けると有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。