無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

« おは!twitter俳句(古暦) | トップページ | MERRY CHRISTMAS TO YOU ALL »

アベロ7

2018年12月25日
アベロ7
大津留公彦

着膨れて墓穴一つ掘り上げぬ 庭の真ん中目立つところに

短日の昨日のように暮れて行く昨日と今日の違いはわずか

玄関にアベロの迎えのないことにまだ慣れぬなり上着脱ぎつつ

生活の隅々にアベロが居りしこと発見していく冬ざれの日々

薔薇かかる写真立てなる冬至なりアベロの覗くパソコン画面

ことわざに曰く
「道心微かなり」灯が消えることなきに努めん

トイレパッド一部屋分を片ずけて部屋の汚れを新たに見つけぬ

憂き事を残す一枚古ごよみあと一週間で棄てられて行く

一首選んで頂けると参考になりますので有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。