最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« おは!twitter俳句(冬日和) | トップページ | 浅草等光寺の啄木歌碑 »

2018年12月11日 (火)

青春の歌62(皇居の昼休み)

2018年12月11日
青春の歌62(皇居の昼休み)
大津留公彦

我が家にて 大衆運動か拡大か 昔からのシェーマを語る十代 

活気ある高校生の会議をリードする妻の言葉の我を意識す

我が為に弁当を作る君が居て歌を書きつくる私のいる夜

周航の歌歌う君の香り来る卵の焼ける匂いに混じりて

片付いた部屋に帰るのはやはり嬉しい 今日からは散らさないようにするからね

生活はこれ 初めて買ったタイマーが二人の暮らしに役立ってゆく 

街路樹はうっすらと茶色に色変えて丸の内にも季節あるを告ぐ

バレーボール飛び交う中に腕を組み外して歩む皇居の昼休み

一首選んで頂けると参考になりますので有り難いです。


(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。