最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« しりとり短歌投稿15 | トップページ | 新日本歌人2018年9月号10首選  »

2019年1月16日 (水)

冬鳥

2019年1月16日(水)
冬鳥
大津留公彦

冬鳥の声のみ聞ゆ夜明け前 夢とうつつを彷徨う頃に

彷徨うは餌を求める冬鳥ら彼らのたつきも不如意であるか

風花の土産話を青婦部の記事と為したる君息災や

風花や歩く我等の慰みに 舞うように降る散るように降る

一年前亡くなりましたと返信ありラピスラズリ色の冬菫咲く

寒菫子規庵の庭を慰めり縁台に居る我ボランティア

寒稽古賀来まで行きて戻りけり 大分川走る中学生我

寒稽古力を抜けと言われてし高校生の剣道の乱打

一首選んで頂けると参考になりますので有難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。