最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(水仙) | トップページ | 青春の歌69(1976年の歌)(風呂屋の帰りに) »

2019年1月21日 (月)

二島返還で終わりでいいのか!

歯舞・色丹はもともと北海道の一部であり千島列島とは違う。
国後・択捉を始めとする千島列島は領土不拡大の戦後処理の原則を破ってソ連が勝手に戦後占領したものでありサンフランシスコ条約で千島放棄を認めた吉田内閣の決定を廃棄し全千島の返還を求める立場でしか問題は解決しない。2島返還で平和条約を結べば国後択捉は永久に帰って来ない。

以下記事です。
>安倍政権、2島決着案を検討 北方4島返還「非現実的」
安倍晋三首相は北方領土問題に関し、北方四島のうち色丹島と歯舞群島の引き渡しをロシアとの間で確約できれば、日ロ平和条約を締結する方向で検討に入った。複数の政府筋が20日、明らかにした。2島引き渡しを事実上の決着と位置付ける案だ。4島の総面積の93%を占める択捉島と国後島の返還または引き渡しについて、安倍政権幹部は「現実的とは言えない」と述べた。首相はモスクワで22日、ロシアのプーチン大統領との首脳会談に臨む。

 「2島決着」に傾いた背景には、択捉、国後の返還を求め続けた場合、交渉が暗礁に乗り上げ、色丹と歯舞の引き渡しも遠のきかねないとの判断がある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000004-kyodonews-pol

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。