最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 小泉修一さんの歌文集「旗持ちの歌」を読んだ | トップページ | 青春の歌72(1976年の歌)(夏に入る季節(とき)) »

2019年1月28日 (月)

青春の歌71(1976年の歌)(栄・繁治・百合子)

2019年1月28日(月)
青春の歌71(1976年の歌)(栄・繁治・百合子)
大津留公彦

涼しげに松の木の下佇める「栄」の墓に新しき卒塔婆

壷井家の墓を訪ねて感慨あり二度目の遭いは新しき卒塔婆

壷井家の墓の前にて九中総広げる我に君弾く「一筋の道」

五文字のみ書かれし百合子の陽の当たる野菊の二束水を吸う墓

百合子の墓簡素に窮り覆いたる李の青き実光り受け留む

白く輝く百合子の墓の上に生る李の一つ含みて酸っぱし

霊園の繁治・百合子に見守られ八中総を妻と読みたり

集まりの悪き会議よ市ヶ谷駅五月の夜風ネオンの上より

一首選んで頂けると有難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。