最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 金町から湯島まで | トップページ | 小泉修一さんの歌文集「旗持ちの歌」を読んだ »

2019年1月27日 (日)

青春の歌70(1976年の歌)(初夏の日)

2019年1月27日(日)
青春の歌70(1976年の歌)(初夏の日)
大津留公彦

野火止の平林寺めぐり見つけたる武蔵野の初夏藤の花より

山門の十六羅漢の像二つ手結ぶ我らを見下ろしている

抜けて来し陽光浴びる公園のベンチの回り雀が回る

うれしきも苦しきことも二年目なり日比谷公園緑濃きとき

仕事抜け来し公園を歩く者重役ばかりに見ゆる初夏の日

何故に貴様はここに居るのかと一人となりし瞬時の空白

しばらくはこのまま体積増やむと仕事抜け来し公園の誓い

我と友に過ごす時間に比例すらし君の体重少し増えたり

一首選んで頂けるとありがたいです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。