最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2019年啄木コンクール作品募集 | トップページ | しりとり短歌投稿歌8 »

2019年1月 5日 (土)

しりとり短歌投稿歌7

2019年1月5日(土)
しりとり短歌投稿歌7
大津留公彦

喪に服し黒ネクタイで通したり震災後のしばらくの間は

来るという東海大地震に備えよう3・11の被害に学び

「る」担当呻吟すればるんるんの自転車淑女に追い抜かれたり

論理というものが通じぬ政権は嘗て国体護持今は安倍忖度

喜びと悲しみは常に糾える縄の如しと啓蟄の頃

うちの庭に芽吹くものありそれぞれに二声三声かけて行くなり

金儲けする人間が政治家になれば当然金儲けする

列を成し納税に向かいし那覇市民瀬長亀次郎を守らんが為

誰も彼もが使わぬ言葉を使いたい誰も彼もが持たぬ心で

一首選んで頂けると参考になりますので有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。