最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 谷根千早朝散歩 | トップページ | 青春の歌75(1976年の歌)(“故郷”の文字) »

2019年2月 6日 (水)

三ヶ月で国がなくした15兆円あれば何ができるか

三ヶ月で国がなくした15兆円あれば何ができるか考えて見ました。

アップル社の時価総額が40兆円なので、アップル社の1/3が買えます

スカイツリーの建設資金は400億円 なので、スカイツリーを375本ほど建てられる。

JAXAのHIIロケットの開発費が2700億円なので、HIIロケットを55台作れる。

JAXAの年間予算1800億円なので83年分の予算となる

日本の原油の輸入額は8兆円なので、2年分の石油を買える

国民全員に15万円づつ配れる

要は国民全員が国に15万円貸してあげたことになる。
どうもこの貸した先は信用度が低く金は返って来そうもない。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。