最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« おは!Twitter俳句(春の雪)と谷根千早朝散歩 | トップページ | 青春の歌78(1976年の歌)(子ども待つ頃) »

2019年2月12日 (火)

青春の歌77(1976年の歌)(赤旗まつりと赤旗配達)

2019年2月12日(火)
青春の歌77(1976年の歌)(赤旗まつりと赤旗配達)
大津留公彦

ラビアンローズ流れる中に妻と妹と幸福の居る赤旗まつり

幾万人とシャンソン流れる中にいて見知らぬ子どもに仮名教えたり

ピアコロンボ歌う“ヒロシマ”空を飛びジェット機にぶつかり首都に響けり

“デオダート“流れる中に過ごしたり妻の小言聞く敗北の日の夜

配り終え明るさを増す田無の町ここより一気に軽き自転車

スキーヤッケ着込みて社宅を出でて行く配達初日に初霜の降る

配達を終えて向かえリ新しき細胞育つ妻の身体に

無理だという妻の言葉に抗いて配達に出る初霜の朝

一首選んで頂けると参考になりますので有難いです。

-----
(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。