最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 本郷を歩く(啄木編) | トップページ | 夜勤明けの啄木 »

2019年2月17日 (日)

六十七歳の誕生日に

2019年2月17日(日)
六十七歳の誕生日に
大津留公彦

よく生きしと
思わぬわけでもなきこの日
二十歳まで生きるかと言われいし我

谷根千を
毎朝歩く丈夫なり
これに勝れる喜びはなし

啄木全集
ほぼ読み終えたるにこの冬の
啄木熱は更に燃えたり

感謝すべし
まだ現役の労働者
この歳までも無病息災

六月から
君と二人の暮らしとなる
これから宜しくお願いします

七十迄働く実感なけれども
あと三年は
指呼の距離なり

短歌を詠み
俳句を詠みてきっと過ぎる
七十迄の見えている距離

ウオーキングとジョギングをしよう
溌剌と
働く七十歳の姿目指して

一首選んで頂けると有り難いです。

-----
(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。