最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 冬の蝿 | トップページ | 新日本歌人2019年2月号大津留公彦10首選 »

2019年2月 3日 (日)

湯島天神と神田明神

2019年2月3日(日)
湯島天神と神田明神
大津留公彦

春近しそうには見えぬ今日なれど文京・千代田の天神・明神

湯島天神女坂行き紅梅を見男坂降りる白梅を見て

天神の守りの牛の鎮座して梅の祭りの真ん中にある

梅たちは三分咲きなり湯島には人惹きつける何ものかある

商売の神様なるか神田明神江戸の街並み一望にする

銭形平次この崖下に住んでいた大きなその碑の見下ろす辺り

野村胡堂思いを込めし銭形平次その碑の横にがらっ八の碑

春は来る
聞こうとしても聞こえぬが
その足音は近づいている

一首選んで頂けると嬉しいです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。