最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 「かんざらしに恋して」を観た | トップページ | 消費税増税は止めるべきである。 »

2019年2月 7日 (木)

消費税増税は止めるべきである

消費税増税は止めるべきである。

国の国債による借金は予算の250%でこれは戦後すぐの200%より多いそうです。
だから消費税を上げるのは当然だと言う人がいる。
果たしてそうだろうか?
過去の例を見ると実は消費税を上げたおかげで景気が悪くなる税収は減っている。
国の財政という意味でも増税はやめた方がいい。
ヨーロッパは消費税が20%以上だから10%にするのは当然だという人がいる。果たしてそうだろうか?
ヨーロッパ生計費は非課税であり、既に日本の方が生計費にかかる税率は高い。
国民の生活を守る為に消費税は上げるべきではない。
2%5兆円の増税をすれば国民生活が破綻する。既に消費税導入以降国民は年間25万円の収入を失っている。
前回増税を回避した時はGDPは1.6%伸びていたが今は2.5%下がっているし米中貿易摩擦や英国EU離脱など経済先行きは不透明だ。
国民経済を守る為に消費税増税は止めるべきだ。
「賃金は緩やかに上昇している」という常套句が統計不正問題で見直した統計によると去年の1月-11月ではマイナスに転じた。

アップ後の不況を予測してのポイント還元などの施策で税率は五段階になり国民生活は大混乱必至だ。
小売の3業界団体も揃ってこの増税には反対している。
アップ分を全て返すならそもそも増税すべきではない。

大企業に中小企業並みの税率を適応すればこの消費税増税分は出てくる。
いずれの面でも増税の根拠はない。
もう一度言おう。

消費税増税は止めるべきである。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。