トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 弥生の歌2 | トップページ | 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 »

錦糸町を歩く

2019323日(土)

錦糸町を歩く

大津留公彦

伊藤左千夫牧舎兼住居跡銀糸町前の喧騒の中

伊藤左千夫が「馬酔木」を出した事こそが短歌が今へと繋がりもとい

横十軒川に梅花は殆ど散り落ちぬ桜の開花にはまだ雨が要る

広大な猿江恩賜公園は元貯木場犬に水やり人も水飲む

銀糸町の楽天地はPARCOとなる別府のラクテンチには父方の土地

青空に白木蓮は開ききる勤め人行く銀糸公園に

セイコーの工場跡地の巨大ビルに吸い込まれゆく労働者たち

冬に始めし朝の散歩は繋がりて春を寿ぐときとなり行く

一首選んで頂けると有り難いです。

-----
(私も書いています)
ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。

|

« 弥生の歌2 | トップページ | 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦糸町を歩く:

« 弥生の歌2 | トップページ | 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 »