« 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 | トップページ | おは!twitter俳句(摘草) »

水天宮・人形町を歩く

2019年3月24日(日)
水天宮・人形町を歩く
大津留公彦
水天宮・人形町を歩く朝 ジュサブロー館壊されており
谷崎潤一郎生誕の地の標識は御影石なり黒光りして
今半は朱塗りの壁に朱の暖簾 水撒きをする人はコック帽
山縣有朋の料理長の小春軒啄木死去の年の創業
「新参者」のポスターなどで埋め尽くす手作り工房ゆうまの玄関
鳥忠の卵焼きは日に三十個「親子焼き」には三つ葉が香る
人形町の古い町並みとモニュメントなくなりて行く昭和の香り
鎌倉期の仏頭のある大観音寺 韋駄天の寺大河のポスター
一首選んで頂けると有り難いです。
-----
(私も書いています)
ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。

|

« 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 | トップページ | おは!twitter俳句(摘草) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水天宮・人形町を歩く:

« 今日の南越谷と三郷の共産党の映像 | トップページ | おは!twitter俳句(摘草) »