« 築地を歩く | トップページ | 亀戸天神 »

月島と佃島を歩く

2019年3月7日(木)
月島と佃島を歩く
大津留公彦

月島と佃島を歩きたり
長き埋立の歴史学びつ

月島にもんじゃ焼きの店並ぶ路地裏の店に入りてみたし

佃小橋の赤い欄干濡れており春雨ならば傘はささずに

神輿庫は古き江戸の島伝え佃煮屋三軒今も続けり

「雪降れば佃は古き江戸の島」秀司の句碑は佃煮屋の前

佃島渡船場跡両岸に石碑を残す隅田川沿い

佃大橋五輪の年に架けられて佃の渡し消えて終いぬ

元々は摂津佃の氏神の住吉神社を紅梅覆う

一首選んで頂けると有り難いです。

-----
(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。