最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« おは!twitter俳句(水雲) | トップページ | 「妻の分まで生きていく」 »

2019年3月12日 (火)

三月十一日

2019年3月12日(火)
三月十一日
大津留公彦

黙祷は北東に向き事務所にて三月十一日午後二時四十六分

官庁が黙祷皆で行うは良き習わしぞ民も如何か

立ったまま二分間黙祷続けたり省のアナウンスとネットラジオと

二万人の死者行方不明者を一瞬に作り出したる黒き津波よ

浜通りは海に向いて黙祷す怨みの海に恵みの海に

サイレンの鳴り終わっても黙祷を続ける人のいる楢葉町

黒い壁のような津波に妻の手が離れて行ったと浪江の夫

原発の再稼働を決議する埼玉県に住みて三月十一日

一首選んで頂けると有り難いです。

-----
(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。