最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 散り行く桜 | トップページ | 大津留公彦流短歌の作り方 »

2019年4月11日 (木)

散り行く桜2

2019411日(木)

散り行く桜2

大津留公彦

 

顔緩め心を開く桜花

かの西行の想いを知るや

 

夕されば色の混ざりて堀の上桃源郷のように輝く

 

我とある桜花まだながらえて楽しみ与えよ今しばらくは

 

満喫す桜散りゆく千鳥ヶ淵 咲く時よりも眼差しは濃し

 

桜惜しむ人の多くは二人連れ老いも若きも病の人も

 

散る桜開く桜とリエゾンすハイタッチして行くが如くに

 

花篝目黒の朝を明るくす 花曇りなる川筋に添い

 

花篝消えて闇夜の深きかな 人の命の絶えし如くに

 

一首選んで頂けると有り難いです。

« 散り行く桜 | トップページ | 大津留公彦流短歌の作り方 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散り行く桜 | トップページ | 大津留公彦流短歌の作り方 »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

よくおじゃまするサイト