トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 青春の歌83(1979年の歌)(初見の桜貝) | トップページ | メーデーとジョギング »

青春の歌84(1979年の歌)(父の退職)

2019年5月2日(木)

青春の歌841979年の歌)(父の退職)

 大津留公彦

 

社を去るに誰からも皆祝福を受けたる窓に春の突風

 

珍しく涙たまれり「とうちゃん」の子供っぽい声 退職の日に

 

子が生まれ片言喋り出す頃にせわしなしく来る父の退職

 

若葉繁り陽ざし強まる中に居て血の沸き立ちて来るを感ずる

 

今日こそは党へときっぱり訴える心も徐々に引き締まり行く

 

我が父と同じ年に生まれたる君の同志となる日は近し

 

土だらけの尻をたたきて走り来る愛する娘の日に焼けた顔

 

素足になり乾かぬ土の土手に向かい何度も挑み泣き出す心

 

 

一首選んで頂けると参考になりますので有り難いです。

 

|

« 青春の歌83(1979年の歌)(初見の桜貝) | トップページ | メーデーとジョギング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春の歌83(1979年の歌)(初見の桜貝) | トップページ | メーデーとジョギング »