トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 青春の歌86(1979年の歌)(バグダッドからキルクックへ) | トップページ | 青春の歌89(1976年1977年「新日本歌人」掲載歌から1 »

青春の歌88(1980年の歌)(急性伝染性肝炎)

2019年5月6日(月)

青春の歌881980年の歌)(急性伝染性肝炎)

大津留公彦

 

ひげ面の医者をしばらく見続けり採られ行く血液あまりに多く

 

へパタイティスと聞きて辞書に見つけたる 予想もせざる肝炎の文字

 

伝染病なるが故に入院と即座に決めし医者はいさぎよし

 

寝る琴が唯一の治療と言われては朝・昼・夜といさぎよく寝る

 

「パパ早くよくなってね」と言い残す三歳半の娘は妻に似る

 

|

« 青春の歌86(1979年の歌)(バグダッドからキルクックへ) | トップページ | 青春の歌89(1976年1977年「新日本歌人」掲載歌から1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春の歌86(1979年の歌)(バグダッドからキルクックへ) | トップページ | 青春の歌89(1976年1977年「新日本歌人」掲載歌から1 »