トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 父と初夏 | トップページ | ある自民党県議との対話 »

蜜豆と餡蜜

201965日(水)

蜜豆と餡蜜

大津留公彦


蜜豆や四条河原町なる記憶 あれは結婚前だっただろうか


新天町の曲がり目にある喫茶店 君との間に餡蜜二つ


膨らみしホタルブクロの下を向く 友人宅の朝早き頃 


南風吹く能古島にて逢えぬひと そんな記憶はあるいは幻


縞の濃き鰹黒潮から抜かれ 我らの前に捌かれており


夜な夜なにビール一箱空けし君 アラビア語の達人はや死に給う


紫陽花の赤の加わり気に留めてジョギングシューズにて出勤す


草刈れば煉瓦と木道現れり 小ざっぱりしし狭庭の昼間


一首選んで頂けると有り難いです。

|

« 父と初夏 | トップページ | ある自民党県議との対話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と初夏 | トップページ | ある自民党県議との対話 »