最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 枇杷の木 | トップページ | 子規ならば② »

2019年6月28日 (金)

子規ならば①

2019628日(金)

子規ならば①

大津留公彦

 

この秋は子規生誕百五十二年墓に庵に巡る人々

 

子規ならばいかに詠うと思うこと森羅万象作品とする

 

子規庵で四十人の句会あり立ちたるままの人もありしか

 

田端なる子規の墓所は上り道上り詰めたるその高台に

 

漱石と子規から既に一世紀半 人の叡智は進んだろうか

 

静かなる墓所の奥に子規眠る世紀を超えて我らを守れ

 

子規庵に人を連れしは何度目かその度に知る子規の痛みを

 

子規庵はボランティアで支えられ生誕百五十周年記念展示す

 

 

一首選んで頂けると有り難いです。

« 枇杷の木 | トップページ | 子規ならば② »

短歌」カテゴリの記事

正岡子規」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枇杷の木 | トップページ | 子規ならば② »

無料ブログはココログ

カテゴリー