トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« おは!twitter俳句(灼く) | トップページ | 日本の滝八景 »

灼ける日

2019730日(火)

灼ける日

大津留公彦


藪蕎麦やまつやの前を通り抜けそばが食いたい梅雨明ける頃


子どもの頃濃いカルピスを飲みたかった「濃いめのカルピス」今日の会議にも


新銀町や蠟燭町の名前の残る神田の街を今朝も彷徨う


厳かに蝉の孵化する夜のあり孫と見て居しある夜のこと


妻の不満息子経由で伝わりぬ今日の天気は朝から曇り


緑蔭を選びて通勤道長し運動靴に帽子にタオル


灼ける日の列島縦断夫婦かな 八年前の今日の日なりし


夫婦にて灼ける間際の朝散歩 ボディーガードのような私


一首選んで頂けると有り難いです。





|

« おは!twitter俳句(灼く) | トップページ | 日本の滝八景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おは!twitter俳句(灼く) | トップページ | 日本の滝八景 »