トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« おは!Twitter俳句(雨蛙)とマクロ経済スライド | トップページ | ガーベラ »

青春の歌98(1981年の歌)(梅雨雑詠2)

2019年7月9日

青春の歌981981年の歌)(梅雨雑詠2)+

大津留公彦             

関が原過ぎて雷雨は止みにけり窓の涙は吹き飛ばされ行く

 

かわいさはこの口にあり 寒さ走るほどの想いを愛とはいうか

 

語尾下げて歌うが如き売り子らのみやげは変わる駅一つづつ

 

故郷の山の上なる世界より悲しきまでに広がりし世界

 

仕事知るは気持ちいいことと笑う君 足取り確かに昼休み行く

 

一列の抗議の旗の進み行く横須賀港に初夏の清しさ

 

子を連れて出入りしつつデモの列「ヤンキーゴーホーム!」と唱和は止めず

 

「やっても仕方ない」「ミッドウエーは入ってくる」むなしさはあれ乗り越えん為

 

 

|

« おは!Twitter俳句(雨蛙)とマクロ経済スライド | トップページ | ガーベラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おは!Twitter俳句(雨蛙)とマクロ経済スライド | トップページ | ガーベラ »