トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 四国五郎 | トップページ | 山椒・猿酒・秋鯵 »

立秋

2019830日(金)

立秋

大津留公彦


秋立つは悲しみの日の前後ろ 長崎の義母の佇つ気配あり


立秋のそぼ降る雨に濡れて行く 涙のようなその只中を


秋立ちて鍵穴の鍵抜けにくし 猫の子どもも人を恋う頃


今朝の秋故郷の駅に見つけたり 風吹き抜ける高みにありて


秋立てば縹渺として池に波 「父と暮せば」余韻に浸る


立秋に購う妻と我の本電脳空間から明日には届く


立秋の風死ぬ公園横切りぬ 暑さの峠はまだ越えぬ頃


立秋は名のみや公彦不調なり 寝苦しき夜直に連ねて


一首選んで頂けると有り難いです。

E25b17b6f30a4676a28cc98750892c9b

|

« 四国五郎 | トップページ | 山椒・猿酒・秋鯵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国五郎 | トップページ | 山椒・猿酒・秋鯵 »