トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 慰安婦像には自由認めず | トップページ | 子となりて聴く »

年金者組合平和の集い

201997日(土)

年金者組合平和の集い

大津留公彦


私は旗振った方 日の丸 や君が代アレルギー拭いようない


きな臭いと思ったら動けが母の遺言自分は動く母の為にも


今はない「おかあさんの木」は教科書に昔は皆がこれを習った


食べ物に着物を変えた母なりしその記憶のみ強く残れり


三十五歳で最後の召集されし父あの旗見ながら一人泣いていた


形見の毛布を母は大事に持っていた釜石の家が流されるまでは


引揚者含めて千五百人居た小学校今廃校になるかもしれず


順番に戦争の記憶を語るなり 憲法はその思いから出づ


一首選んで頂けると有り難いです。

01cc78169d1c49199b5ea4ab873de4cc

|

« 慰安婦像には自由認めず | トップページ | 子となりて聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安婦像には自由認めず | トップページ | 子となりて聴く »