« 「身の丈」発言 | トップページ | 前川喜平氏から学ぶ »

神無月果つ

20191031()

神無月果つ

大津留公彦


霜降や半袖パジャマ頼りなし明日は冬物出して着込まん


父の顔になんとなく似る菊人形 菊に纏わる思い出多し


二本松の菊人形は千輪と聞きて思いぬある人のこと


ジャワならばサザンクロスの光るならん秋の夜空を眺めて歩く


プラウスリブの海を貴方に見せたいと今日はっきりとここに記録す


子どもらの使い切ったる大夕焼け背負いて帰るそれぞれの道


末枯れを誘うがごとき涙雨 今日も降り行く鎮魂の雨鋭く


末枯れの庭にも鋭き秩序あり作った色素を木の幹に戻し


一首選んで頂けると有り難いです。

0aa1f9f06f7946838eda2bbb257f95f9二本松の菊人形

by二本松市観光協会

|

« 「身の丈」発言 | トップページ | 前川喜平氏から学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「身の丈」発言 | トップページ | 前川喜平氏から学ぶ »