トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« おは!twitter俳句(年惜しむ)と2019年の回顧 | トップページ | 新年の抱負です »

冬の影

20191231日(火)

冬の影

大津留公彦

 

野田岩の天然鰻食すなり

明日よりは違う会社に向かう

 

勤め先変わるはこれで何度目か

新たなる思いコートの襟立て

 

曽祖母の裏山積もる柿落葉 

踏みて遊びき叱られもせず

 

柿落葉訃を重ねては散りにけり

 父の分まで母の分まで

 

振り返れば柿落葉墜つ昼下がり

大きなものの落ちる音して

 

雨歩き日向ぼこなる句は出来ず 

それでもなんとか作ってしまう

 

縁側で転寝をする曽祖母と 

遊び疲れて陽に当たりつつ

 

冬の影山頭火にも一茶にも 

本行寺なる二人の石碑

 

一首選んで頂けるとありがたいです。

 

 

E3d84f8052154ffea4eda36fdc89e525

|

« おは!twitter俳句(年惜しむ)と2019年の回顧 | トップページ | 新年の抱負です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おは!twitter俳句(年惜しむ)と2019年の回顧 | トップページ | 新年の抱負です »