最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 賀状と潤目鰯 | トップページ | クリスマスとポインセチア »

2020年1月16日 (木)

冬至



2020116()

冬至

大津留公彦


20191222()悲しみの二つ浮かびてこの冬至寒さはまだまだこれからなれど


20181222()薔薇かかる写真立てなる冬至かな アベロの顔はこちらを向きて


20171222日(金)

妻買いし冬至南瓜の小さかり 皮の厚みのたっぷりありて


20161221日(水)

冬至湯に過ぎ行く年もあと十日 恙無きまま過ぎて行くなり


20151222日(火)

慕われし母と知りたる冬至なり息子はそれを自慢に思う


歯の治療終えて冬至の甘納豆又もう一つ食べているなり


20141222日(月)

四年目に入る職場の朔旦冬至十九年に一度と言うが


20131222日(日)

終日をそわそわざわざわ冬至かな 一年で最も日が短いと


一首選んで頂けると有り難いです。

(元となった俳句の作成日を掲載しました。)

Ed6c085f62c54e319e782855c7e6b8a6

by wiki

« 賀状と潤目鰯 | トップページ | クリスマスとポインセチア »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 賀状と潤目鰯 | トップページ | クリスマスとポインセチア »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

よくおじゃまするサイト