« 新海苔と重ね着 | トップページ | 自分史のことふっと思えり »

ヒトラーの忘れもの

2020年2月12日(水)

「ヒトラーの忘れもの」(land of mine)

大津留公彦

地雷撤去強要されたドイツ兵二千人の半分死傷

半数が命か手足を失った地雷撤去の捕虜は若くて

百五十万の地雷除去を行ったドイツ人捕虜海辺に並ぶ

何度も聞く「それでも男か!」と軍曹の罵声は同じ日本軍隊と

サッカーに興じるデンマーク軍曹とドイツ人捕虜地雷無き浜に

軍曹の犬は地雷に爆死をし一列縦隊に地雷地歩ます

捕虜たちを他の地雷源に移せという上官の指示に軍曹動かず

残った四人をドイツに逃がす軍曹の決然たる意志伝わりて来る

一首選んで頂ければ有り難いです。

2fcde0fa1307464093865c133c1d3a03

by Wikipedia land of mine

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ヒトラーの忘れもの

|

« 新海苔と重ね着 | トップページ | 自分史のことふっと思えり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新海苔と重ね着 | トップページ | 自分史のことふっと思えり »