« 原発事故は人災だった | トップページ | 雨水 »

啓蟄の歴史

2020316日(月)

啓蟄の歴史

大津留公彦


啓蟄の歴史を刻む十一年 雨の日の句に晴れの日の句に

20190306日(水)啓蟄や亀戸両国朝散歩東京大空襲の記念碑もあり 

20170305日(日)

啓蟄の蚯蚓談義に犬背伸び 外は天気だと言わんばかりに

20160305日(土)

啓蟄や死に向かう猫抱くなり 受け止められぬその軽さをば

20150309日(月)

啓蟄や雑言ぞろりぞろぞろり 土の中から顔出すごとく

20140306日(木)

啓蟄や雨を吸いたる大地より立ち上り行く陽気の揺らぐ

20130306日(水)

啓蟄に恥と怒りと出会いありみなささやかな事ではあれど

20110306日(日)

啓蟄や猫としとねを同じゅうす 腕枕の上まあるくなりて

啓蟄や猫俯瞰する狭庭なりこの中ならば襲われはせぬ

20100308日(月)

啓蟄や朝のひかりの差し籠もる 猫と犬と妻の居る部屋


一首選んで頂けると有り難いです。

作品は最近のものですが元になった俳句の作成日を残します。

Ef35e39115684e618b0955f62899f275

|

« 原発事故は人災だった | トップページ | 雨水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故は人災だった | トップページ | 雨水 »