最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 裸の王様 | トップページ | 寒昴 »

2020年3月 7日 (土)

鎌鼬と寒蜆と葉牡丹

20203月8日(日)

鎌鼬と寒蜆と葉牡丹

大津留公彦


かまいたち心の隙間に入り来るか痛みも血もなく身は無事なれど


鎌鼬武蔵野線を止めたるか異常は何処にも見受けられずに


寒蜆身を食べぬ人あの世では 如何であるか研究所長


寒蜆食べると教えし母なりき 母の教えは何より強し


葉牡丹は天草四郎伴天連襟 天然色と純白の差異

(写真;旅する長崎亭http://tabinaga.jp/history/view.php?category=3&hid=141&offset=3)


葉牡丹はスカート十枚重ねしや アントシアニンの赤色に染め


宴終え自転車飛ばす霜の朝 小田和正の澄み切った声


強霜日再雇用申請出しにけり 定型フォーマット記入箇所僅か


一首選んで頂けると有り難いです。



276bdea0bdc94018b649eaa9fbed665e

« 裸の王様 | トップページ | 寒昴 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裸の王様 | トップページ | 寒昴 »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

よくおじゃまするサイト