« 啓蟄の歴史 | トップページ | メルトダウンZERO »

雨水

2020317(火)

雨水

大津留公彦


溶けるものなきを虞れる雨水かな 未知のウイルス更に虞れる

20190219()雨水とて律儀に今日は雨となる 誕生祝いの恵みとなせり

20180219日(月)

雪溶し雨水を走る犬を追う 飛んだり跳ねたり私を見たり

20170218日(土)

野球部の掛け声揃う雨水なり野球の季節の徐々に近づく

20160219日(金)

二回目の月命日や雨水なり母は明るい着物に微笑む

20150219日(木)

雨上がる雨水の朝の陽耀(かがよ)う 首を上げて大股で行く

20140219日(水)

雨水とは名のみの雪の恐怖かな 今日の続きの明日とは限らぬ

20130218日(月)

落ち着かぬ心を静め雨水かな 内省の日の誕生日なり

20120219日(日)

夕陽見上げる映画を出でて雨水なり夕陽はゆっくり落ちて行くなり

20110221日(月)

涙混じる雨水となりぬ長談議 まだまだ春に届かない頃


一首選んで頂けると有り難いです。

最近の作ですが元になった俳句の作成日は残します。

5043b0d63e7a46299c28d5734e43718d

|

« 啓蟄の歴史 | トップページ | メルトダウンZERO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄の歴史 | トップページ | メルトダウンZERO »